2月3日の勉強記録 恋は盲目編 その他色々

勉強

本日の修行時間 12時間

視聴ビデオ

  • 1218 切り口が陳腐だと誰にも読まれないってお話
  • 3414 受講生ブログへのコメント

使用書籍 一億人の英文法

洋楽視聴(ディズニー中心)

本日の振り返り

今日は床屋や買い物などに行ったため13時間を下回ってしまいました。ちょっとだけがっかりしますがしょうがないですよね。明日も用事があるのでもっと少なくなるかもしれません。外出時をうまく使える方法がないか考え中です。特に明日は電車で遠出するので。単語帳とかを見ながら歩くわけにはいかないので、やはりブログのネタ出しや勉強の振り返りがベストでしょうか。

今日は趣向をちょっと変えて、洋楽を聴いてみました。まだまだ分からない単語だらけなので、そこまで意味はないかもしれませんが、気分転換には非常に効果的でした。もちろん、なるべく歌詞の訳を考えながら聴いていましたが。

本日の学び

ブログを書くときに、例えば一つの絵から何パターンも想像を膨らませる。想像力の大切さ。

洋楽を聴いてるときも思いましたが、感じること、想像することの大切さ。言葉は遊べて初めて使えるというのかなぁと偉そうなことを考えていました(笑)

非常に面白いのは、学ぶごとに文章の見え方が変わってくることです。絵を鑑賞するときと同じですね。これは勉強するためのモチベーションになるなと思いました。

本を繰り返し読んでいると、少しづつ自己組織化マップ、あるいは輪郭のようなものができ始めるのを感じます。もちろん今の完成度は話にならないレベルですが。そこで思ったのが、やはり人の話は素直に聞くべきだなと。特にすでに成功している人の話は。結局一部の天才を除けばみんな同じ道を行くことになるので、成功者のやり方はまず素直に取り入れるのが重要だなと思いました。長時間勉強も、やってみたらすごく合いました。勉強法についてやたら調べてた自分が恥ずかしいです(笑)

今の実力で洋楽を聴くことなどは、一見無駄のように見えて、実は今日の気づき、というより想像は美女と野獣のメインテーマの動画を見ているときに考え付きました。離れた点と点でも、結び付けば無駄にはなりません。それでは本日の学びの本編へ行きたいと思います。

“A” love is blind.はどう聞こえるのだろう

目に見えない名詞は、例えばloveなどは、可算にすれば具体性を持ち、不可算にすれば抽象的な意味になります。loveを使ったそれぞれの文章の例は例えば以下の通りです

  • Love is blind.(恋は盲目)・・・不可算、抽象的
  • A love like this is hard to find.(このような愛はなかなか例がない)・・・可算、具体的

文法書にはこう載っているだけなので、これで話は終わりなのですがもう少しだけ想像を膨らませてみます。例えば上の文の頭に、”A”を付けたらネイティブの方にはどう聞こえるのでしょうか。上の文章は諺みたいなものなので、例としてはあまり適さないかもしれませんが、考えてみたいと思います。美女と野獣のメインテーマを視聴しているときに自分が思ったのは、例えば仲睦まじく踊る二人を見ながら”恋は盲目ね”というセリフが仮にあった時に、まあ普通に上の文を使えばいいのでしょうが、あえて”A”を頭に付けるとどう変わるのかなと考えました。当然文法通りに言えば、”love”が具体性を持つことになるのですが、そもそも目の前で愛し合う二人を目にしながら言ってるので、”love”に具体性があったとしてもおかしくはないんじゃないのでしょうか。”A”には全体を表す意味もありますので、具体性をもたせつつ全体を表す表現としてこういう状況ではありなのではないかなと思いました。逆に型通りの”Love is blind.”だとどこか解説的で面白みがないのではないかなと。

正直に言って十中八九ただの考えすぎですし、自分でいくら考えても答えはわからないのですが、ただこうした言葉を感じ、そして想像を膨らませる訓練はきっと翻訳に役に立つと信じています。

明日以降も、しっかりと学んでいきたいと思います。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました